増毛のできるお店 HairPark SmilePaPa

お店紹介
アクセス
お問い合わせ
Profile

増毛
医療用カツラ

メニュー

しらがぼかし
新発毛システム

ドルフィンズ

新発毛システムのご提案
新発毛法が9割に効果 名市大グループ実証
頭髪に悩む男性に朗報−。名古屋市立大大学院医学研究科のグループが、新しい発毛法の実験をした結果、脱毛症の9割の男性に効果があった。トウガラシなどに含まれる「カプサイシン」と豆腐などに含有される「イソフラボン」とともに、男性ホルモンの作用を抑える薬品を服用させた。

 グループは、岡嶋研二教授、原田直明准教授ら。遺伝や男性ホルモンの影響による男性型脱毛症の22人に6カ月間、カプサイシン6ミリグラムとイソフラボン75ミリグラムと同時に、男性型脱毛症の治療で使われるプロペシア1ミリグラムを服用してもらった。20人で薄毛部分に発毛が見られた。このうち12人は薄毛部分の7−8割に一目で毛が増え始めたことが分かった。

 グループは、これまでの研究で、カプサイシンとイソフラボンを5カ月間取り続けると、体内で「IGF−1(ローマ数字の1)」と呼ばれるタンパク質が増え、髪のもととなる毛母細胞を刺激。薄毛男性の75%に発毛効果があることを実証していた。

 一方、プロペシアによる治療は、人によって効果が分かれ、これまでの研究では、1年間投与しても効果があるのは58%だった。

 岡嶋教授らは既にカプサイシンとイソフラボンのサプリメントを開発。飲用していた男性が、たまたまプロペシアを飲み始めたところ著しい効果が見られたため実験を始めた。

 2003年、カナダの研究者により「プロペシアは毛根に毛母細胞を活性化させるIGF−1(ローマ数字の1)が増えていないと効果がない」とする研究があり、岡嶋教授らがIGF−1(ローマ数字の1)の研究と組み合わせることで、発毛効果を実証した。

 岡嶋教授は「食品成分と薬の併用で男性型脱毛症がほぼ完治する時代になる」と話している。

 大阪大大学院医学系研究科の板見智教授(皮膚科学)の話 サプリメントが医学的効果の認められたプロペシアの効果を補強するという点でユニークな研究だ。まだ観察期間が短く、症例数が少ないのでさらに研究が必要だろう。

(中日新聞)
2009年2月24日
発毛促進のお手伝い

上の新聞の内容でもお分かり頂けたと思いますが、
発毛には「カプサイシン」と「イソフラボン」によって生成されるIGF−Tなるタンパク質が必要不可欠です。
当店ではそれに加え、男性型脱毛症用薬「プロペシア」の輸入代行を行っています。
お気軽にお問い合わせ下さい。

育毛には絶対的に必要とされる頭皮の健康ケアをサポートしております。
当店お勧め、「クレイヘッドスパ」をお試し下さい。
頭皮の皮脂取りだけでなく、リンパマッサージにより古いリンパを取り除き仕事のストレス解消、毛母細胞の活性化を促します。
後に、主成分ミノキシジル5% ロゲインによる発毛剤塗布。
内から外からの発毛プログラムをご体感下さい。
COPYRIGHT(C) HairPark SmilePaPa ALL RIGHTS RESERVED.